CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
メロパ・タグフレ・こうさぎ・占い・俳句

メロメロパーク
メロメロパーク
タグフレンズ

BlogPetのこうさぎたん

占いモンキー

俳句ブログ

自己紹介
名前 流浪旅人
年齢 永遠の10代
趣味 サイコロ
好きな食べ物 ラーメン
  人生ネタだらけです

BlogList
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
こんなんですがよろしくー
<< にゅーす【77】ジャイアンツの桑田はどうなるのやら? | main | にゅーす【79】派遣会社で容姿登録はNG! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
にゅーす【78】世界のメールが消える!?
http://www.j-cast.com/2006/10/19003419.html

日々の連絡手段として欠かせない電子メール。
アドレスを間違うと、エラーメールが戻って来て、
送ったメールが届かなかったことが分かる。それはよくあるが、
メールを送った人が知らない内にメールが無くなっている、
そんなケースが全体の1%にのぼることが、米研究機関の調査で明らかになった。
大事な用件が伝わらなかったら大変だ。

約37万通のメールの送受信で「実験」

送ったメールの1%は届かない? 調査は米マイクロソフト社の研究機関
「マイクロソフトリサーチ」が2006年10月に発表したもので、
実際にメールを送受信して、メールがただ消えてなくなる(silent email loss)
割合を測定した。
実験では、米国、英国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアの5か国、
46個のメールアカウントを使用して、約37万通のメールを送受信した。
メールの内容は、エンロン裁判で公開された同社社員によるメールの文面を集めた
「エンロンコーパス」と呼ばれるものから、1,266通を使用した。

その結果、消えてなくなったメールの割合は1.79%〜3.36%だった。ただし、
これには、メールの内容に応じて、迷惑メールをブロックする
「スパムコンテンツフィルター」による消失を含んでいる。この影響を除くと、
メールが消える割合は0.71%〜1.02%と推計されている。
日本でも同じことが起きている可能性は強い。

迷惑メール防止対策が裏目に
報告書によると、メールを送信・転送するための「SMTP」と呼ばれるサーバーを
メールが通過する際に、ブロックされてしまう、ということのようだ。
このサーバーには迷惑メールの通過を防ぐために、
「ホワイトリスト(通過を許可するリスト)」
「ブラックリスト(通過を許可しないリスト)」が利用されているが、
この対策が裏目に出ていると見られている。

報告書では、「もたらされる損失は大きいため、この問題を無視できない」とし、
新しいメールシステムを提案している。当分の間は、
商談や就職活動などの大事なメールでは、「怪しいと思ったら電話で確認してみる」
といった自衛策が必要そうだ。

しかし…こんな事が現実にあるんやねぇ…困ったもんだ…
先日おいらのヤフーのメールも何通か届いてないのがあったばかりやし…


何かあったら電話がベストなんやろうなぁ…ほんまに
| にゅーす | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:07 | - | - |









http://tamamite.jugem.jp/trackback/766