CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
メロパ・タグフレ・こうさぎ・占い・俳句

メロメロパーク
メロメロパーク
タグフレンズ

BlogPetのこうさぎたん

占いモンキー

俳句ブログ

自己紹介
名前 流浪旅人
年齢 永遠の10代
趣味 サイコロ
好きな食べ物 ラーメン
  人生ネタだらけです

BlogList
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
こんなんですがよろしくー
<< ハンゲームでファミスタが…… | main | にゅーす【72】どっちの料理ショー終了だそうで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
にゅーす【71】甲子園決勝再試合が終わって
2人のエース、互いをたたえる 斎藤と田中
2006年8月21日(月) 22時30分 朝日新聞

9回2死、早稲田実の斎藤が打席の駒大苫小牧のエース田中に対し力を振り絞る。
118球目。144キロの直球で空振り三振。両手を突き上げた斎藤を中心に
早稲田実選手の歓喜がはじけた。

4連投の斎藤はこの2日間、一人で296球を投げ抜いた。
ピンチにも表情を変えなかった右腕が優勝にひたすら泣いた。
「疲れはあった。でも人生最大の幸せな一日です」。
昨夏、西東京大会準決勝で感情の起伏を突かれて打ち込まれコールド負け。
以来、どんなことがあってもポーカーフェースを決めてきた。

ピンチにも動揺が表に出ない理由を斎藤は「仲間を信じる心が余裕を生んだ」と明かす。
6回に本塁打を許し1点差に追い上げられると、
すかさず野手から「1点ぐらい取り返してやる」と声が飛んだ。
その裏、言葉通りに味方が捕手白川の適時打で1点を加えた。
チームの結束力を生んだ試合がある。今年3月31日。
選抜大会準々決勝で横浜に3―13で完敗した。
マウンド上で踏ん張る斎藤の姿を見て、チームは考えた。
「走塁判断を磨いて、長打力のなさを補おう」。この日の7回2死二塁。
4番後藤の左前安打で二塁走者の川西が判断よくホームへ滑り込んだ。
「ぼくらの野球が出来た」と川西は胸を張る。

第1回大会(15年)から参加し、王貞治・プロ野球ソフトバンク監督らが輩出した
早稲田実。第11回(25年)と、荒木大輔(西武コーチ)を擁した
第62回(80年)の2度、準優勝に終わった。その壁を越えた。
「大先輩たちが成し遂げられなかったことをできてうれしい」。斎藤が喜ぶ。
そんな歓喜に沸く早稲田実ベンチをじっと見つめる選手がいた。
2日間で249球を投げた田中だ。「悔いはない」。淡々と語った。

大会史上、2校目となる3連覇がかかった試合だった。
3大会連続で決勝に進んだのは、7〜9回大会の和歌山中(現桐蔭)、
3連覇した中京商、65〜67回の桑田真澄(巨人)と清原和博(オリックス)を擁したPL学園(大阪)、
そして駒大苫小牧だけ。香田監督は「1回目より2回目、
さらに3回目のほうが周りの意識もあり厳しかった」と言った。
全国選手権の連勝は14で止まった。
スタンドに人気が消えたころ、両校ベンチ前で胴上げが始まった。
「同世代で一番いい投手」(斎藤)、
「最後まで力を残すところにすごさがあった」(田中)。
相手エースをたたえた2人の姿も、それぞれの輪にあった。
(2006年08月21日22時07分 朝日新聞社)
| にゅーす | 07:43 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 07:43 | - | - |









http://tamamite.jugem.jp/trackback/752
ソフトB和田が早実Vに上機嫌
早大出身のソフトバンク和田が全国高校野球選手権で初優勝した早実の快挙を喜んだ。 21日、チームは東京から大阪へ新幹線で移動。到着後、先発投手陣だけの練習が吹田市内の日本生命野球部グラウンドで行われたが、練習中も試合経過が気になる様子。練習終了後、優
| 松坂世代に陶酔 −Latest news− | 2006/08/22 9:52 AM |
桑田真澄「お別れ」引退か退団か!?
プロ野球、巨人軍の桑田真澄投手(38)が23日、球団の公式ホームページ(HP)上で今季限りでの巨人退団を示唆しています。
| 時流コラム・ニュース2007 | 2006/09/23 10:33 PM |
巨人の桑田「先のことは考えてない」
前日、球団の公式サイト上で今季限りでの退団を示唆した巨人の桑田真澄投手は24日、川崎市のジャイアンツ球場で現役続行の意欲について問われ、「先のことは何も考えていない。(現役を)やりたくても(投げる)試合がなければ仕方がない」と話すにとどめた。同投手は今
| スポーツニュース | 2006/09/24 5:17 PM |